フォト

ぽちっとボタン

  • ぽちっと、お願いします
    ポチッとよろしく!

にほんブログ村

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
熨斗と水引

Blog Mail

  • メールはこちらにどうぞ

おいしいもの

2012年3月27日 (火)

ひさびさの記事は甘いもの三昧

みなさま、お久しぶりです。

ココログにもなかなか来れない日々で、10日以上過ぎてしまってごめんなさい。m(_ _)m

徐々に復活していこうと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。

この間はちょっとお仕事の現場が立て続きであったのもありますが、体調のほうも肉体面というか体力面というかがかなり落ちていたとともに精神面もやや不安定であったりでした。

仕事、体調、精神面どれをとってもかなり振れ幅が大きい時期だったかもしれません。

今日はその中でも体力面の部分の出来事を書きますね。

体力的には、やはり現場続きですからかなりハードでした。

そんな中、精神的な不安などによる不安定も増して、それでも現場はこなそうとして無理してしまったようなところもあって、それがもろに体に出てしまったんですね。

でも、おかげさまで結果オーライな部分も多少ありました。

まずは、全身のこり。

これは以前からかなりしんどいのはわかっていましたが、さすがにもう限界。

ということで、ついに近所の整体やマッサージなどを探しまくりました。

こうして探すと最近うちの近所でもさまざまなものができたのがわかります。

中国整体、バリマッサージなどの他国系から、よくある整体やマッサージ、保険がきく整形外科や整骨院など。

で、今回は前から気になっていた駅からすぐのところにある整骨院に行ってみようと言うことにしました。

この整骨院、まわりにスーパーや本屋さん、今通っている歯科医院、心療内科など、生活で立ち寄るところがあるので、行きやすいのもあります。

整体やマッサージは以前良く行きましたが、整骨院というのは近所でもあまりなかったのもあって、ここにしてみようということに。

さすがに腰がギシギシ鳴るほどでしたので、自分でも苦しいほど。

でも、おかげでかなりよくなりつつありますが、まだ10回近くは通わねばならないでしょう。

保険がきくので一回の治療費もそれほど高くないのが助かります。

以前、やはり保険がきくというところでやっていただいたことあるんですが、どうも保険きくところはちゃんとやってないんでは?と思える程度でしたので、最初はちょっと敬遠していました。

が、ここは短時間でツボを抑えてしっかりやってくださるので、短時間でもとてもよくききます。

実は私も多少整体の知識があり、以前台湾の大先生のお弟子さんに教わったこともあるので、ちょっと整体マッサージできるんです。

なので、実はこのあたりのことわかっているのですが、よく1時間とか長い時間やるところもありますが、長ければよいというわけではありません。

ちゃんとしたツボを抑え、それがドンピシャで当たっていれば、時間かけなくてもある程度回復します。

長い時間かけるところは、私もやっていただいて?に思いますが、ツボを抑えてドンピシャに当てることができないため、探りながら一応一通りのところをやるためにそれを探す時間で時間が長かったりする場合が多いです。

もちろん、それ以外簡単にはほぐれない筋肉もあり、そこをほぐすには時間がかかるのもありますが、ほとんどのところはどちらかというと前記のようなところが多いですね。

なので、長時間やってもいまいちだったり、本来しんどいところがなんとなくまだ治ってないようななんてところも多々あります。

しかし、今回お世話になった先生は、ここがしんどいというお話をするとドンピシャで当てて、確実に痛みがおさまるようにしてくれます。

もちろんそれで完治したわけではなく、すぐに戻るほどですが、また今まで5回ほど行っていますがそのうち1回はちょっとはずれかな?というのもありましたが、時間かけて何度か行くうちに、かなり変化があるように思えます。

何より変化したのは内臓かもしれません。

骨や筋肉などがゆがみを起こすと、血管や神経を圧迫して、神経の場合は痛みに繋がりますが、血管の場合は内臓などが正常に動かないことにも繋がります。

内臓がちゃんと動くためにはその内臓を取り囲んでいる血管に正常な血が正常に流れ込まなければ動きが鈍ってくるのです。

実際、今回やっていただいて大きく変わったのが、胃腸。

おそらく胃腸はかなり動きが鈍っていて、これが原因で消化不良や睡眠不足、はたまたもしかしたらメタボまでいたっていたのかもと思える自覚症状があります。

2度やっていただいた頃から、それまで下痢続きだったのが正常になり、現在歯が悪いので食事でも噛みが甘いことなどで消化不良起こしやすいのもあったのに、ちゃんと消化してくれているのがわかります。

またトイレもよく行くようになって、体の毒素をどんどん排出しているのもわかります。

おかげでそういった意味の体調は徐々によくなっているように思えます。

いやはや、これには本当に感謝です。先生ありがとうございます。m(_ _)m

もちろん、それだけでなく、実はついに軽いぎっくり腰をやってしまい、現場にも杖つきながら行くほどになっていましたが、これも徐々に解消。

また腰をやられたことで足も負担が大きく足が上がらなくなっていたのですが、ここは今治療中ですが、足のしびれや痛みも徐々に弱まっているのがわかります。

そんなこんなで胃腸が調子よくなったし、ここのところ精神的疲労も大きいので、ならばいっそ思いっきり甘いもの食べたろうということをしてみました。

前から行ってみたいとは思ってましたが、そこまで思いっきり甘いものはどうなんだろう?って思って、二の足を踏んでいましたが、ここのところの排泄がいい感じなので、ならばいっそ行ってみようということに。

向かったのは新宿東口にあるSweets Paradise。

120324_19_39_18

チェーン店でいろんなところにあるんですが、今回は新宿のお店に行ってみました。

ここは基本的には甘いもののお店ですが、軽食もあります。

店内に入る階段から、おお、なんかディズニーランドのような内装。

120324_20_44_36

お客さんも若い子が多いとは聞いていましたが、まさに若い子だらけ。

お値段も1500円弱とお安いのもあって、若い子に人気なんですね。

この値段ならば、ファミレスでちょっと食べるのともほとんどいっしょですものね。

夕ご飯時に行ったので、まずは軽食から。

120324_19_48_09

基本的にはパスタがメインで、かなりの種類のパスタが置いてあります。

そのうえにカレーとサラダもあり、最近野菜も高いので、そんなときにこの値段でたっぷり野菜とれるのもいいです。

しかも若い子は野菜あまり食べないのかパスタのコーナーは並びますが、野菜コーナーはがらがらです。

ここ、甘いものメインのお店なので、軽食はたいしたことないのかと思っていましたが、いえいえ、後でまた書きますが、正直私的にはパスタのほうがおいしかったかも?

作っているところが見えるのですが、パスタも機械使ってどんどん作っているんですね。自家製パスタですね。

ただ、出来立てでないとすぐに伸びてしまうパスタなので、しばらく置いてあるものは、伸びたパスタって感じでいまいちでしたが、できるとベルが鳴るんですが、そのときにとったパスタはおいしかった。

これにカレーをちょっと食べて野菜もたっぷりとって十分にはなっているんですが、今回の目的は甘いもの。

120324_20_44_22

甘いものコーナーはこのイエローバスの形のコーナーにあり、こんな内装がみょうにディズニーチックなんですね。

今回は甘いものを三昧してみようということで、いただきます。

奥方はかる~くこの程度

120324_20_13_53

私は説明も大変なくらいいろんなケーキをちょこっとずつガッツリいただきました。

120324_20_18_19

最後にはチョコの噴水にマシュマロを入れていただきました。

120324_20_30_42

思いっきり、甘いもの三昧大会無事終了。

おかげで、しばらくケーキ類いらないかも?って思えるほどでした。

もっとも、実はここのケーキいまいちです。ある程度置きっぱなしになっているのもあってか、スポンジがパサパサになっているのと、甘さが中途半端で、甘いのはくどいレベルかと思いきや、甘さ控えめなのは足りないレベル。

そんなこともあって、一応いろいろいただきましたが、正直、ここはパスタを食べに来るのならまた来てもいいかな?って思えましたが、甘いものはそんなにバカスカ食べれないような味です。

甘いもの三昧はまたいつか、今度は高級スイーツバイキングの高野フルーツパーラーのほうにトライしてみようかと思っています。

さて、ひさびさの今日の記事は、前半はここでは珍しいお話の体調改善作戦のお話、後半はこのブログの第二テーマ「食」(第一は散歩)のお話でした。

ひさびさもあって長い文章になってしまって、またまたごめんなさい。最後までお読みいただきありがとうございます。

では、今日の一曲ですが、

私はこのちょっとチープなアメリカンなスイーツ三昧となると、いつもこの曲が思い浮かびます。ひさびさに洋楽ポップスです。

 Girls Just Want To Have Fun / Cyndi Lauper

去年、あの日本の大震災も経験して、日本にもすばらしいエールを送ってくださったシンディ姉さんの若い頃の名曲ですね。

いまや姉さんも渋いかっこいい姉さんになられましたが、当時ははっちゃけアメリカンガールと言った感じで、アメリカっぽい甘ったるいスイーツにはぴったりなイメージですね。