フォト

ぽちっとボタン

  • ぽちっと、お願いします
    ポチッとよろしく!

にほんブログ村

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
熨斗と水引

Blog Mail

  • メールはこちらにどうぞ

日記・コラム・つぶやき

2012年9月14日 (金)

頑張って復活へ

復活とともに、ここやココログ広場で早速のコメントありがとうございます。

また、広場へのポチもたくさんありがとうございます。

覚えていてくださった、見に来てくださったことに心より感謝申し上げます。

まだ、様々な障害があるものの、徐々に復活へ向けて頑張っております。

ここを留守にしてしまっていた間、アイポとかアイパでできる程度のサイトをうろついていました。

そこで、知り合った方々にも、こちらをお教えしたりしていますが、ぜひこちらもよろしくお願いいたします。

何かあれば、ここに直接書き込みを入れてください。

公表は管理人認証タイプですので、もしメアドとか連絡先があっても公表にしないでおきますから、お気軽に書き込みしてくださいね。

直接メールは、フレームにある(携帯だとないかも?)Blog Mailで簡単にメール送っていただいても結構です。

そうそう、留守中に作った、ミニ「ブラ散歩」がFB(フェイスブック)にありますが、まだFBとブログのつながり方を理解していないので、そのアドレスはもうちょっとお待ちくださいね。

ちなみにブラ散歩 Facebookで出てくるのは私のではありません。(どうやらブラタモリファンがブラタモリと間違えてブラ散歩で作ったものらしい)

あと、ここも留守にしていたことから、ネットラジオでいいからやってほしいというリクエストもいただきました。

それもすぐではないですが、検討しております。

あと、ここの記事、しばらくはPCじゃないアップとなるため、ここ名物の長文記事はちょっと短くなると思います。

など、いろいろ頑張ります。これからも応援してくださいね。

ということで、しばらくお休みする最後の記事が、グレでしたよね。

実は昨日もグレがでれーっとしてたので、声かけたんですが、こんな顔して

なんじゃいってしてたので、一枚カシャしました。

ちと、目つき悪いよ、グレ。

120913_17_49_39

2012年7月 4日 (水)

無事、手術終了

順番でいうと、入院前に房総半島に出かけたお話をしたいところですが、それはまた退院してから書くとして、取り急ぎ手術終了のご報告。

まずは、みなさんご心配おかけしましたが、手術は無事終了しました。

ほんとうにたくさんのエールをありがとうございます。m(_ _)m

今日は昼過ぎに急激な痛みがあったものの、冷やしていたら少し楽になりました。

朝の先生のチェックと治療でもかなり回復力が早いようで、退院予定は金曜ですが、この調子ならばもっと早くでもいいけど一応念のために金曜までゆっくりしてくださいとのこと。

ただ、病室は免疫力を下げないために温度を上げていることから、サウナのような暑さなので別の意味でちと疲れます。

汗にも注意しないとね。

ということで、まずはとりあえず手術無事終了のご報告でした。

ちなみに病室はこんな状態になっています。

120704_7_24_51

最近はPC環境などもOK、科にもよるかもしれませんが、携帯も通話しなければOK(といいながら、同室の人はみんな平然とかけています。私は動けるので面会室まで持って行ってかけてますが)

新しく入手したWin7機を持ち込んで、この機会に勉強しようかと思っていましたが、もう退院間近なので、何もできないかも。

さて、あと数日の病院生活ですが、それなりにのんびり過ごそうと思います。

2012年6月15日 (金)

恩師、今、病苦との闘い

最近、ちと公にできない話がいくつかあったものの、今日はその中でひとつ、あまり公にならない程度で書きたいと思います。

ちょっといつもと違う内容でごめんなさい。

それは、我が恩師(業界入りたての頃お世話になったかた)と、FB(フェイスブック)で20数年ぶりに再会し、ちょっとメッセージでお話できたのですが、そのときにびっくりする話を聞いたことから始まります。

恩師はけっこう有名なミュージシャンなので名前は出せませんが、お世話になった後、日本を離れアメリカで活動されていて、最終的にハワイに永住し活動されています。

そして、いろいろお話したところ、ハワイで病気(癌)になり現地で手術したのですがあまりよくならず、結局日本で手術することになりました。

でも、現在は日本人ではないため、日本に来ることもかなり大変だったようですが、なんとか日本に来て手術をこの13日に受けたようです。

一応一回目の手術は無事うまくいったようで、よかった。

現在は寝たきり状態ですので、息子さんがFBやブログに代理書き込みして状況を伝えてくれています。

自分も来月頭に入院手術が決まりましたが、私はそんな大変なものではなく、それに比べると恩師の手術は命への影響と隣り合わせのものだけに、とても心配しています。

奥様もとてもすばらしいかたで、当時ペーペーだった私は、ご本人はもちろんのこと奥様にも大変お世話になりました。

それだけにまた直接お会いできることを楽しみにしています。

恩師からのメッセージには、「ハワイに遊びにおいで、そのときは連絡してね。」とか、「来年日本で大きなイベントがあるので、きっとそのときにまた会えるだろうから、いろいろ話したいね」と書かれていたので、そうできたらすごくうれしいです。

というより、本来、現在恩師がいる大阪に飛んでいってお見舞いしたいところですが、恩師からのメッセージには、「今回はとてもハードスケジュールなので会えないと思う」と書かれていたことから、私が会いに行くのはご迷惑になると思って控えさせていただいております。

それだけに今回の日本での手術、すべて成功してほしいと心から祈っています。

息子さんの書いている内容を読むと、病状はとても悪く、今手術している先生も過去見たことがないほどの転移と悪化だそうで、すごく心配しています。

彼は今はキリスト教の宣教師としての動きもしており、本来私がこのようなことしたらいかんのかもしれませんが、私にはキリスト教での祈り方はしらないので、私ができる仏教での祈り方でひたすら毎日祈っています。

とにかく、無事また直接お会いしてお話ができればいいなと思っています。

と、今日はちょっと真面目な話でごめんなさい。

今日はここ数日、ぼーっと空を眺めることが多く、そのときに撮った写真をいくつか載せたいと思います。

まずは恩師がちょうど手術を受けている頃の東京の空です。

120613_18_16_02

たくさんの龍が舞っていました。

龍のうろこのそばには二本の長いひげも見えました。

120613_18_17_20

次から次と出現する龍たち

これらのたくさんの龍が舞うことは、おそらく恩師と何かの関係を感じます。

その日の夕方、ちょうど恩師がいる大阪がある西の空にはたくさんの龍のうろこが西に沈む夕日に照らされ、輝いていました。

120613_19_06_08

この時点では恩師の手術の結果はわかりませんでしたが、きっと成功を意味しているかのようでした。

120613_19_06_23 

シルエットになっているのは新宿の高層ビル群です。

そして、これは今日の夕日。

120614_18_35_37

ビルの間にはまるように落ちていく夕日でした。

120614_18_39_19

話は変わりますが、この縦の写真、先日私が照明の講師をしたときにも、この話をしました。

「綺麗な夕日や夕焼けが出たら、ぜひ見てほしい。

私たちの仕事はあくまでも、本物を擬似化させる仕事。

だから、本物を正確に見る目を養ってほしい。

特に夕日や夕焼けはとても大切なもの。

太陽からずっと空の上まで見ていくと様々な色がある。

一言で夕日の色と言っても、みんないろんな色を思い浮かべる。

それほど、自然の色とは奥深いものだ。

これにいかに近づけるかが、私達照明デザイナーやオペレーターの仕事である。

そのためには本物をしっかり見て、美しいと思ったその瞬間に見たものを

頭に焼き付けてほしい。そしてそれを追いかけてほしい」

という話をしました。

こんなことも恩師はミュージシャンという私とは立場が違う人ですが

なんとなく教えてもらったようにも思います。

120614_18_42_56 

そんなことも思い出しつつ、この素晴らしい夕日が恩師を守ってくれることを

心から念じておりました。

2012年6月11日 (月)

先週のこと、あれこれ

また、ちょっとご無沙汰しており、ごめんなさい。m(_ _)m

まずは、お知らせというか・・・

金曜日に病院に行ってまいりました。

その結果、7月あたまに一週間ほど手術のため入院することに決定しました。

とはいえ、今のところ大変な病気ではなさそうなので、ご心配なく。

でも、一言で「入院」「手術」というと、皆さん大変なことと思いますよね。

ごめんなさい。ご心配おかけします。

ただし、ある程度体の数箇所を切るわけで、しばらく動きは不便になるようなので、

今までのように気軽に散歩行ったり、どこさへ行ったりの記事は、ちょっと減るかもしれませんね。

さて、話は戻って金曜日の病院。

120608_13_59

場所は外堀の土手の脇にある病院なので、ご存知のかたもいらっしゃるかもしれませんね。(看板部分はぼかしてあります)

120608_13_59_51_2

外を散歩すると、この土手も緑がいっぱいで気持ちよいです。

120608_14_22_05

土手から向こうを見ると外堀もよく見えますね。

120608_14_00_17

そうそう、このときちょっと鳥の鳴きまねしたら、スズメが集まってきてすぐそばで遊んでいました。

Img_00021 

っていうか、みんなくつろいじゃって、ノベーって羽広げて寝てるし。

Img_00071_2

この子にいたっては、尾っぽにハエがついてても気にしないほどベターって寝てしまった。

Img_00041

入院中はこんなスズメたちとも遊べないかな?

でも、骨休めと思って静養してまいります。

その間は、ネット活動お休みになるかと思いますが、復活したらぜひ遊びにいらしてくださいませ。よろしくお願いいたします。m(_ _)m

んでば、我が家のプチ園芸プチ農園情報!

まずは、窓際のサボテンたち。(シルエットが面白いので撮ってみました)

120607_12_04_17

最初はひとつのサボテンだったのですが、どんどん大きくなり、手が出て足が出て(?)きたので、分けてみたところ、それらにもまた手が出て・・・

このようなサボテンを通称で「バンザイサボテン」とも呼ぶらしいですが、まさにみんなでバンザイって感じですよね。

いつも、これ見てサボテンたちに元気もらってます。

さて、農園のほうはナスの育つ大きさが止まったので(まだ10センチに満たないですが)、収穫してみました。

120607_19_34_08

大きくなるかと待つとそれはそれでもう食べれない状態になることもあるし、適度に収穫したほうよいようです。

調理の仕方はなるべく生に近い状態で食してみたいということで、まずは生のまま。

120607_19_52_47

ネットで調べると、ナスは生で食べるという記事もけっこうみつけたので、やってみましたが、やはりミズナスでないので、ちょっとえぐみがあって食べにくい感じでした。

そこで、次は塩もみ。これはおいしかった。

120607_20_01_12

そして、塩麹につけてもんでみました。こちらはかなりおいしかった。

120607_20_02_55

と、小さなナスふたつだけですが、我が家で採れたナスをおいしくいただきました。

今日のおまけはこちら。

ナスのヘタ、こちらはさすがに食べれないので、遊んでみました。

いっしょに食べたアジに乗せて、アジの帽子?

120607_20_06_32

こちらはしょうゆさしに乗せてみたんですが、妙にはまっている?

120607_20_31_16

ちなみにこのしょうゆさし、北海道小樽の北一ガラスで購入したもので、ラベンダー模様です。

そういえば、去年の今頃、北海道富良野へラベンダーを見に行ったのを思い出しますね。

また、パッチワーク畑が見たいなあ。

ここで、おまけのおまけ

今この記事を書いているとき、今日はちょっと風邪で寝込んでいて、寝室の窓開けて書いてたんですが、なんと外に何かいる。

Img_00111

こやつはたぶんうちの納屋?の床下で生まれたと思われる、チビトラ。

とはいえ、ずいぶん大きくなりました。

最近グレはとなりの家の駐車場を定位置にしあまり動かないで寝てばかりですが、こやつはまああちこちに出没。

最近ではときたまうちの中に入ってくる有様。

こらあ、ノラだったらノラらしくしなさい!

って、今もこんな至近距離でのんびりしてるし。ったくもう~

このときはカメラ向けたのでしゃんとしてたけど、その前後は、庭で寝転がってました。

おいおい、どこまでくつろいでるんだあ?

2012年6月 7日 (木)

我が家の記念日(6/6)

6月6日は世間的には「金星太陽面通過」とか「オーメンの日」とか、またこかげさんのブログによると「数字的に面白い日」のようですね。

そうそう、こかげさん、いろいろ6月6日に神の数字である6が揃うというのにもうひとつ追加すると、今年2012年は6+6=12でもありますね。(勝手に引用してごめんなさい)

さて、我が家というか私達夫婦にとっても6月6日は記念日です。

そう、夫婦の最もメインな記念日である結婚記念日です。

あれ?5月でなかった?いえいえ5月10日は入籍記念日で、結婚式を挙げた6月6日が結婚記念日なんです。

超晩婚のふたりなので、この歳でやっと2年経過。

一般的には綿婚式と言うようですね。

ということで、結婚式を挙げた赤坂氷川神社に今年もお参りに行ってきました。

120606_14_55_40

午前中は雨も強く降っていたので、午後からにしようとしていたら午後2時過ぎごろから雨が上がりました。

残念ながら金星太陽面通過は見れなかったものの、お参りは行けるということででかけました。

この赤坂氷川神社さん、赤坂という街中にあるんですが、すごく静かで木も多く都会の中のオアシスな感じがします。

120606_14_55_18

一年に数回お邪魔しますが、いつ来てもとてもいい気が流れています。

一年仲良くやってきたことのご報告と、これから一年もよろしくお願いしますとお参りしました。

帰りに何か記念のものでも買おうかと言ったのですが、その前に奥方がたまの贅沢がしたいということで青山WESTでお茶をすることにしました。

赤坂から青山は乃木坂経由で新しくできた乃木坂トンネルを抜けると車で10分もかからず。

すぐに到着。ちょっと寒かったけど、ここのテラスが好きなのでそちらの席に座りました。

さて、今日は何しよう?

奥方がちょっと贅沢したいということで、生ハーブティーとスフレを注文、

120606_15_44_24 

私は新しいメニューのハーブミルクと定番商品ハーフシューを注文しました。

120606_15_28_06_2

外で気持ちよくお茶していると、空から晴れ間が出てきてテーブルに日差しがかかると、お茶のポットや水のグラスが輝きます。きれいですね。

120606_15_54_28

そういえば、私はケーキやお茶に夢中で気がつかなかったんですが、私達の目の前に座ったお客さんの男性の方、奥方がしっかり拝見してて、帰られてから

「その前の先に座ってたかた、細野晴臣さんだったね」

「え?ぜんぜん気がついてなかった・・・」

確かに一応私も音楽業界にいる身なので、そういう雰囲気の方だなあとは思っていたんですが、お顔拝見まではしてなかった。

実はこのあと、このテラスにまたちょっと派手目の女性がおひとりでいらしたんですが、こちらの方は、確かクラシック系のボーカリストさん・・・お名前忘れたけど。

そして私達が帰るころに二人男性がやはりテラスにいらしたんですが、このうちの一人の男性も昔フォークソングの歌手だったかた・・・これまたお名前思い浮かばなかったけど。

というこの日の青山WESTのテラス席は、どこぞの大きいレコーディングスタジオの喫茶室のようでした。

私昔とある大手レコード会社の信濃町にあるスタジオでお仕事させていただいていたことがあったんですが、そういうところの喫茶室ならばよくある光景です。

そういえば、そのスタジオで当時エレベーターに乗っていたら、途中階からすごい人が乗ってきたことがありました。

日本的大物というより世界的大物のミュージシャン、ポール・サイモン氏でした。

そのときスタジオで必要な譜面を下のオフィスにコピーしに行く途中で、あたふたしていてゆっくりお顔拝見できなかったけど、あまりの突然で目が点だったことを覚えています。

そのスタジオ、当時は日本でも最新のスタジオだったので、おそらく見学しにいらしたんでしょうね。

そんな雰囲気のWESTでゆっくりお茶とスィーツと癒しをいただき、お店を出ました。

さて、何か記念の品をどうしよう?

まあ、とりあえず新宿のハンズにでも行けば何か見つかるかも?

ということで新宿ハンズに向かいました。

ステーショナリーの階に行き、アルバムか写真たてなんかどうかな?と探していたところ、

お!生成りの綿生地でできたカバーのアルバムがあるので、これにしよう。

そう、綿婚式ですからね。中身は紙で、去年の紙婚式に何も買わなかったので、今年それをいっしょということでこれに決定。

さて、晩御飯は家ごはんということで、すぐに帰ってきたのですが、夜はお蕎麦。

なが~~~く付き合っていきましょうということかな?

蕎麦は大好きなので、いつも大盛りにしてもらってるんですが、この日も大盛り・・・

120606_19_41_19

というか、これは富士そばの「富士山盛り」レベル。

そして、蕎麦湯もいただきました。この日の蕎麦は二八そばだったので、蕎麦湯も濃い。

120606_19_53_57

おいしかった。(ちょっと食べ残しのようなのが写ってしまってごめんなさい)

さて、今日のおまけ。

うちの母が台所に放置していたサトイモとネギがこんなになった.と持ってきました。

120606_19_41_42

サトイモ先日も芽が出てしまって植えたばかりなのに、今年はサトイモ栽培も我が家では盛んになるのかな?

そしてネギ。ネギって放置しておくとこんな葱坊主ができるんですよね。でも、これはさすがに植えてもダメらしい。

そんな、我が家の記念日でした。

2012年6月 1日 (金)

てるまえろまえ

先日、映画「テルマエロマエ」を見てきました。

向かったのは新宿バルト9。そこまでは徒歩で行きました。

途中、洋服のサカゼンのショーウインドウに目が点。

120529_17_56_56

ステージ衣装コーナーができたのは知ってましたが、こんなん?

120529_17_57_02

ううむ、このあたりはぜひともアホ連ジャーのにこらすさんに着て頂きたい代物ですね。

次回の東京サミットは、ここもコースに入れておきますね。

さて、バルト9について、まずは飲み物と軽食

120529_18_56_37

このケースいいですね。ちょっと持ちにくいけど。

ここでまたにこらすさん向きなもの発見!

120529_19_12_35

いや、これにこらすさんの為のポスターではなく、ニコラスケイジさんのでして、映画はこれ

120529_19_12_26

そして、テルマエロマエ、見ました。

120529_21_24_35

まだご覧になってない方もいらっしゃるかもなので、ネタバレ的なことはなるべく書かず感想だけ。

もっともちょっと知りたい方にはこちら

さて・・・この映画

さすが、フジテレビ制作。映画というより大画面で見ているドタバタ喜劇のTVドラマといった感じ。

見終わった感想は、一言「あま.りにくだらなくて、アホすぎて面白い」

そう、何から何までアホすぎる。

最近の日本映画にある、「考えさせられる」「ほろりとする」な~んてところは皆無。

ついでに「何で」とか「つじつま」なんてものももちろんありません。

このあほらしさに追加するのが、音楽、ヴェルディ作曲「アイーダ」などといった素晴らしいクラシック歌劇(過激?)音楽の起用。

こんな高尚な音楽を無駄に使ったり、膨大なセットとローマロケにいたっては、それなくても作れたんではと思えるほどの無駄。

そんなところもアホくささに一役かっていたりするほどの馬鹿馬鹿しい・・・もとい、アホくさい映画です。

しかも、この映画、電通も共同制作に入っているんですが、ここもまたさすが電通。

映画の中のあちこちに露骨にメーカーCM的というか商品CM的な部分が登場。

まさにまったく残らないドタバタTVコメディドラマとしつこいCMの合作といった映画です。

そう、見終わっても何も残りません。

と、ちょっと映画を否定しているようですが、いえいえ、秀作です。

ここまでにアホくさくまた映画らしくなく作ったものというのもこの世にはほとんどありません。

しかも、無駄を初めとした今の世の中を風刺している部分もたくさん。

よく考えれば、間接的に日本政府だとか東電など、現在問題あるところを風刺している.そのものの場面もたくさん出てきます。

噂では、人種差別などのモラル問題も指摘されたこともあるそうですが、そのあたりもギリギリでうまくすり抜けている(人によってはすり抜けていないというご意見もあるようですが)ようにも思えるあたりも、秀作です。

どれくらいアホくさいか、興味あるかたは是非一度ご覧下さい。

さて、今日のおまけ。

自販機ネタをふたつほど。

ひとつはこれまた先日近所を散歩中に見つけた自販機。

120530_18_11_17

一番手前が普通の自販機の高さ。その向こうの2機は私の背より低いもの。

こんな自販機あるんですね。

坂といった地形的ディメリットを克服した自販機ですね。

さて、もうひとつの自販機ネタ。

これまたうちの近所にある自販機で、50円80円100円とうキャッチが書かれています。

売っているものも、お~、沖縄でよく見るようなものばかり。

120530_18_02_34

(下に見えるはついに登場、ぽ太郎お邪魔虫。これからよく登場すると思いますがよろしくです)

そう、沖縄の自販機も50円自販機なんていうのがよくあるんですよね。

まさにそれと同じような自販機で、まるで沖縄に来たような気分。

こういう自販機大好きです。(沖縄行くと、こんなのばっかり飲んでました)

そして、他に売っているのがこんなミルクセーキとかはじけてシリーズ。

120530_18_03_07

120530_18_03_14

大阪のサンガリアも負けそうですね。

120530_18_03_04

マウンテンイエローってまるっとマウンテンデューですね。

いまやマウンテンデューさえもメジャーな飲み物ではないのに、それをもじって作るって言うのもこれますごい!

肝心な50円もの撮りわすれたんですけど、これがまた面白いんです。

この日50円で買ったカフェオレけっこうなお味だったので今日も買いに行ったんですが、その日その日で50円ものが違うんです。

もしかしたら、売れ残りなものを50円にするため、毎日ではないでしょうけど変わるのかな?

と買った50円商品の缶の裏見て納得。なんと賞味期限が缶コーヒーなのに一週間ちょっと。はい、すぐ飲むんだったらお得ってことですね。

あと、ミルクセーキも買ってみましたがまだ試していません。

このあたりはまたドリンクレビューしますね。

さて、今日は映画と自販機のお話でした。んでば~

2012年4月27日 (金)

現在、原因不明のPCトラブルと奮闘中

皆様、ご無沙汰してごめんなさい。m(_ _)m

実は、私の使用しているメインPCが今まで見たこともないようなトラブルに見舞われて、現在修復中です。

緊急時用のサブPCも何がどうなったのかわからないのですが、異常に遅くなってしまい、まったく持ってこれまた原因不明。

同時に、iPadもわけのわからないアラートが出て、これまた修復方法がよくわからず、ネットで検索しても、同じ現象が起きている人がたくさんいるようで、いずれ自然に直るという結果しか見つからないという状況。

実際には、先程なんとかリセットしてアプリも消して、再度インストールしなおすということで、なんとか動くようになったものの、ネットブラウザ「Safari」はまだ不安定。

ここ、ココログのブログ記事を作成する画面も、なにやら意味不明の記号の羅列のようなアラートが何個も何個も出てきてすべて消すと、投稿画面そのものが落ちてしまって結局書けないという事態がおきていたのですが、やっと最後のアラートを消しても落ちないようになったようなので、久々で記事がかけるようになりました。

でも、何かをして直ったわけではなく、なんとなくできるようになった程度なので、またこの不安定な状況になる可能性大。

PCの一番の痛手は、スタートメニューの「すべてのプログラム」に今までたくさんいたソフトが全部表示されないこと。(未だ修復できず)

最初はPCの中のソフトがすべて消えた?って焦ったのですが、マイコンピューターのPCの中にあるプログラムファイルズのフォルダを開けたら、全部しっかりあるではないですか。

ところがここでまた問題。そのフォルダの中のメインアイコン押すと、インストールからやり直し始めるという次第。

結局、何か作業するためにソフトを立ち上げようとすると、いちいちインストールから始まるという現象。

普通で考えるとウィルスかなにか?と思われますし、回りからも皆さんからそう言われましたが、常駐ウィルスバスターは正常に動いているし、毎日ちゃんと更新もしています。

それどころか、ネットにある他社のウィルス検出ソフトを立ち上げてみても、みごとに何も検出されない状態。

もちろんスパイウエア検出もやってみましたが問題なし。

最悪の状態のときには、なんと変換もまともにしてくれず、単語検索ができなくて一文字一文字検索して選択してという状態のため、辞書片手にPCたたく始末。

これはどうも辞書がインストールされていなかった(こんなこと初めてです)みたいで、これは再インストールで復活しました。

これらの問題が起きた原因は、最近どうも変な表示をするようになったり、YouTubeの動画が動かないとか、ちょっと問題があったため、数ヶ月前のバックアップに戻したのが最初でした。

この作業をした後、いきなりデスクトップにたくさんいたショートカットがほとんどなくなってしまったことにびっくり。

それから何か作業をするためにソフト立ち上げようとすると、何で作られたかわからないという表示が出て、そのソフトをスタートメニューから探してもショートカットから立ち上げても立ち上がらず、結局前記のようにプログラムファイルから立ち上げようとしたら、インストールから始まるという始末。

私もPCはかなり昔から触っていて、自作も含め様々なPCと格闘したことがありますが、こんな現象は初めてです。

ネットブラウザもいまだに表示しないものは多いし、アラートが出まくりますが、なんとか見えるようになりました。

あと、私の仕事としても重要なiTunesのデータがすべて消えてしまったのもびっくり。

ただ、これは外付けHDDに音楽バックアップをとってあったため、それをつないだところ復活。

それにしても何もかも、買ったとき以下の状態になってしまったことにかなりてこづっています。

でも、なんとか、いろいろアラート出るもののなんとかこの記事作成ページが落ちなくなったことで、やっとひさびさの記事が書ける様になりました。

まだまだ、かなり修復しなくてはいけないところが多く存在するため、これならば、すべてバックアップとって、ゼロに戻してやり直すのが早いのかもしれませんね。

まあ、そんなわけでこのブログも広場活動(こちらはFlashが生きなくなってしまったため、まちとか庭はまったく表示しない状態でした)も何もできなくてごめんなさい。

徐々に復活または、すべてをゼロにして最初からやり直しの場合はまたしばらくのお休みをいただいて完全修復せねばならないかもしれません。

そのときはまたしばらく皆様とご無沙汰してしまうのが寂しい限りですが、なにとぞ、今後ともお忘れなくよろしくお願いいたします。m(_ _)m

そうそう、前回の記事で書いたクイズですが、記事はまた書ける事があったら書くとして、答えだけ発表しますね。

たくさんのご解答ありがとうございました。

第一問 写真の草大福を買った塩大福で有名な場所は・・・

答え 東京都文京区巣鴨(巣鴨地蔵通り商店街)でした。

120414_16_30_26

第二問 その塩大福の老舗のお店二軒が競っているというそのお店の名前は・・・

答え 元祖と名乗っているのが「みずの」

120414_17_11_40 120414_20_40_27

本家と名乗っているのが「すがも園」でした。

120414_17_12_06 120414_20_39_57

ただし、一般的にはみずののほうが発祥と思われているようですね。

第三問 写真にあった草大福、どっちがどっちでしょう?

120414_20_42_25

左の見た目色がわかるのが「すがも園」、右の粉で色もよくわからないのが「みずの」でした。

実際食べてみると、普通の大福にちょっとだけ違った感じなのが「すがも園」のほうで、まさに草もち~~~って感じの匂いと味がしたのは「みずの」でした。

あの草っぽさが好きなかたにはみずののほうでしょうね。ちなみに私はみずののほうが好みでした。

さて、このクイズの答えもずっと書けずにいたために、すごく心苦しい毎日でしたが、多大なるごめんなさいとともにやっと一息いれられたって感じです。

でも、まだまだこれから悪戦苦闘は続きますので、またいつ再び無事再会となるかわかりませんが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2012年3月28日 (水)

世界一のコロッケよ永遠に

実はこの一週間ちょっと抜けていた間にたくさんのネタがあるんですが、それは追々ご紹介できたらしますね。

でも、このハードスケジュール週間に入る前にお散歩したレポは、できれば没記事にしないようにしたいな。

で、今日は最新記事っていっても、もうすでに多くのかたが、ブログやツイッター、FBなどでご紹介しているので、これまた遅ネタになってしまったのですが、そのあたりはご勘弁のほどを。m(_ _)m

去年の12月の皆既月食のときも多くの方がいろんな場所からひとつの空を眺めました。

このときも、みんながひとつになって頑張っていきたいと私のみならずたくさんのかたが思われたと思うし、そういう記事もたくさん拝見しました。

先日の月木金(曜日じゃありません)の一列並びもまた、多くのかたが同じ空を眺めていたようですね。

iPodが最も苦手な夜空なので、きれいではありませんが

120326_18_33_56

そして、これはその前日の星月

120325_18_23_41

こちらはその翌日の星月

120327_18_28_22

どれもきれいでしたがやはり26日のが一番ですね。

こうして、私たちは同じ人間として同じ空を眺めながら、同じ世界に生きていることを感じているのではないでしょうか。

そう、人に決して上下はない。みんな同じ人間なんだから。

でも、去年のような大災害が起きると、なんで自分だけ?と思ったかたもたくさんいらっしゃると思います。

私は思います。神様は絶対に不平等なんかしない。

だから、かならず大変なことがあったかたはきっといいこともある。

また、これはあまり言いたくないですが、某電力会社や政治関係者はなんでああなの?と思われているかたも多いでしょう。その気持ちもわかりますが、きっとばちが当たります。

もう一度言います。神様は決して私たち人間を不公平な思いにさせない。そう信じています。

ごめんなさい。このブログに不似合いの内容ですね。話を戻しましょう。

さて、月を眺めながら、近くの「さくら公園」のベンチにしばらく一人で座っていました。

まだ、この公園の名前の由来になった一本の大きなさくらは花を開かせません。

この花が咲いたとき、またこの近くのたくさんの皆さんは笑顔で集まってくるのかな?って思って見ていました。

しばらくして奥方が帰ってくるのでそちらのほうに散歩しつつ、合流してから帰りには買い物しにちょっと立ち寄りました。

行った先はお肉屋さん。東京新宿区の抜弁天から西向天神に向かうところにある細い道路の小さな商店街にある「広瀬屋肉店」です。

120313_15_59_10

実はここのコロッケが私的には世界で一番おいしいコロッケだと思っています。

私が生まれたころからここにあったお肉屋さんで、小さい頃から何度も食べたコロッケです。

コロッケ好きな私は今まで仕事で全国津々浦々かなりの土地に行って、いろんなところでコロッケを食べましたが、おそらくここのがナンバー1です。、

ところが、なんと、先日行ったとき、表の張り紙を見たのでした。

120313_15_59_02

が~~~~~~ん、半端で無いショック。

この3月末で閉店してしまうんです。うわ~ん

これでひろせやのコロッケも食べられないと思うと、なんだかすごく悲しくなります。

事情はよくわかりませんが、おそらくお店のかたがたを見てもみなさんおじいちゃんとおばあちゃんだけ。

なので、もう年齢的にも無理なのかな?

自分的には、この世からコロッケというものがなくなってしまうほど悲しいです。

なので、この3月二度目のコロッケを買いに行きました。

120326_19_21_31

普通お店閉めるというと、経営不振なのか?と思われますが、ここはいつ行っても、こんな裏通りにありながら人でいっぱい。

近くには東京医大もあるんですが、ここの学生さんたちが10個とか20個って買っていくほどの人気なのです。

お弁当もやっていて、昼時はお弁当待ちでたくさんの人が店内にいることも多い店です。

だから経営不振には思えないのですが・・・

この日買いに行ったときも、コロッケ以外にもいろんな揚げ物があるんですが、コロッケ以外は全部売り切れ。

買いにきているお客さんもなんとか冷凍で保存できないものかとお店の人に相談している人もいました。

残念でならないという声も聞こえます。

こういう地元に長いこと愛され続け、地元ならではのおいしいものを提供してくださる商店がなくなっていくことは、本当に悲しいことです。

以前、吉祥寺にもおいしい揚げ物の小さなお店があったのですが、それも裏路地の裏路地に。

ですが、ここもそのすぐ表にメンチで有名になってしまった店があるために閉店してしまった。

このときも表の店はアドマチとか町のお店紹介番組で紹介されているのに、もっとおいしいお店はその裏にあるのに、何で紹介しないの?って思っていました。

その後再びそこに行ったらもうなくなっていました。ここの名物と言うか私の好みは卵コロッケ。タルタルのようなドロっとした卵サラダがたっぷりはいっているコロッケで、これもほかで見たこと無いものでめっちゃおいしかった。

ここがなくなったときもすごく悲しかった。

でも、今回の広瀬屋の閉店はもっとショック。だって、小さい頃から食べてきた一番の好物だもの。

とにかくあと数日、毎日コロッケでもいいくらい。

ありがとう。広瀬屋の皆さん。おじちゃん、おばちゃん、いつも親切に包んで手渡ししてくれてありがとう。

調理場のかたはじっくり拝見したこと無いでしたが、ありがとう。皆さん。

この味はずっと絶対に忘れません。ありがとう。m(_ _)m

ということで、今日の一曲はコロッケの歌?ではなくて、前半のお話で出てきた月と星の曲を選びました。

実は私の友人のピアニスト、村松健くんの曲にこのときの月と星の夜空をイメージして作った曲があります。

 月とお話し / 村松健

最初この曲のタイトルを聞いたとき、健くんが月とお話しているイメージで作ったのかと思って、ツアー中の列車の中で彼に聞いたことがあります。

そしたら、これはまさに先日の夜のように、月が三日月で細くなったとき、その円の内側に星があり、まるで星と月がお話をしているかのように見えることがある。その風景を曲にしたそうです。

天文に詳しい彼のこと、おそらく先日の三つ揃いのことを曲にしたのかもしれませんね。

と、今日はやっぱりコロッケのほうも曲紹介したいので、2曲にしますね。

今の私の気持ち、こんなかもしれませんね。

レコード盤原曲はブロックされているため、ライブ版をご紹介します。

コロッケよ永遠に、そして加藤さん永遠に・・・

 悲しくてやりきれない / フォーククルセダース

2012年3月13日 (火)

暗中模索の一週間 その2

さて先週のお話の続きです。

金曜日は木曜日忘れていた事務処理に追われ、またまた午前中に新宿を走り回り、昼ごろ帰って来ました。

自分のことでちょっとあたふたフラフラしていて、母の顔が妙に赤く腫れていることに気がつかなかったのですがかなり赤かったのであわてて自分が月曜日に行った四ツ谷の皮膚科に連れて行くことに。

この四ツ谷の皮膚科の先生、お年寄りにはわかりやすく丁寧に安心させるように話してくれたので、助かりました。

母もかゆくてかきまくっていて湿疹ができてしまったようですが、なんとか薬で治まったようです。

四ツ谷といえば前回やはり同じ皮膚科の帰りに見つけたカフェドプリンに再び入ってみました。

120309_17_19_48

今度はまた違ったプリンがあって、母はカボチャプリン

120309_16_59_58

私はメープルプリンを食べましたが

120309_16_59_40

前回もあった白いコーヒープリンとリンゴプリンは今回も食べず。

次の機会に食してみましょう。

10日の土曜日、この3月後半の現場用の部材探しにホームセンターへ。

なかなかいいものを見つけましたが、使えるかどうかはまだ不明。現在いろいろ試行錯誤しております。

企業秘密によりどういう原理かはお見せできませんが、こんなオーロラのような照明を作ってみました。

120311_4_38_55

これ、色がどんどん変わって、まさに本当のオーロラのような変化を見せるんです。

一応オフィスの天井でテストしてみましたが、自分でも驚くような効果が出ました。

こういうことをし始めると、徐々に気持ちが落ち着いてくるようですね。

しかもホームセンターについた途端に、大先輩からすぐに現場に来るようにという電話が入りました。

即お仕事ではないものの、これからお仕事になるかも?というもの。

いろいろ気を使ってくださってありがたいです。

でも、そういうタイミングってあるのかも?おかげでこのあたりからだいぶ精神的に落ち着きを取り戻し始めました。

いろいろ原因はあるものの、中でもやはりお仕事の不安というものはかなりのストレスになります。

しかも、これは数年前から徐々に覆いかぶさってきた不安で、それが去年震災で余計悪化し、今年になって自分とは関係ないところでトラブルに発展して、結局私も影響を受けることが連発し始めたのが今思うと決定打だったのかもしれません。

もっとも、これらはまだ解決していないものがほとんどですが、それとは別にあらたなお仕事の話は少し気を楽にしてくれます。

とはいえ、まだ次の話が決まったわけではないので不安はあるものの、いろいろ動いていることが空振りにならない可能性が出てきただけでもずいぶんと違います。

120311_15_50_10

11日の日曜日、朝晴れていたので、よっしゃあお散歩に出ようと思ったのですが、やはり3月11日14時46分の出来事に対し、追悼の黙祷をしてからでないと動く気になれなかったので、それまで静かにしていて、NHKでの政府主催の番組を見ながら、静かに黙祷をしたのでした。

3時過ぎ、さてでかけようかと外に出ると、うわ、黒雲が出てきて急に悪天候の雰囲気。

なので、近くのチョコクロで甘いものをいただきました。

120311_16_12_10

これもひとつの原因だったのかも?

本来、甘いもの、お肉、揚げ物が大好きなのに、先日のメタボ検診のためすべてをセーブしてしまったのが、これまたストレスになっていたんですね。

なので、もうあまり無理をするのはやめました。

心療内科でも言われたことで、メタボを気にしすぎてストレスためるのは逆に危険とも言われたので、やはりほどほどにしないとね。

そんな一週間でしたが、皆さんにたくさんのお助けの言葉をいただいたこともあって、気持ちはかなり落ち着き始めました。

そして月曜日の朝もとても晴れ渡った朝でした。この日は奥方も朝早くから出かける用事があるということでいっしょに出かけたのですが、やっとお日様をいっぱいに浴びて、いつものこのブログらしいお散歩ができたのですが、これはかなりゆっくりいろんなものを見ながら歩いたので、長文になると思われますので、そのお話はまた次の機会に。

まあ、そんな長文前でちょっとのべ~っとしたお話が二話続いてしまってごめんなさい。m(_ _)m

おまけというわけではないですが、日曜日に奥方と母が雛人形をしまっているときに、そのダンボールの底にひいてあった新聞紙を発見。

よく見ると、昭和50年のサンケイスポーツ。おお~すごいものが出てきました。

つい見出しを読めば、あの長島茂雄さん現役時代の記事。

120311_20_35_44

もうひとつは同じく昭和50年の日本経済新聞。

120311_20_36_24

こちらはなんと当時の日本社会党・石橋書記長の顔が・・・懐かしい。

こういう古い新聞見るとつい読んでしまいますね。でも、まだ折り目がきつくて中をあけていません。中にはもっと面白い記事があるのかも?

また、こちらも面白いものを発見したらお知らせしますね。

さて、私にとってのヒーリングミュージックシリーズ、今日の一曲は、S.E.N.S.とともによく聞くこのアーティスト。

 Summer Snow / Sissel

彼女の音楽も大好きでこの曲は、ザンフィルのパンフルートも入っていて、個人的に大好きな一曲。

10年ちょっと前に同名のドラマの主題曲にも使われ、このドラマ私は見ていないのですが、かなりの評判のドラマだったようですね。

このドラマではもう一曲彼女の曲が使われており、これもまた大好きな曲なんですがそちらはまた別の機会にご紹介しますね。

出し惜しみしてごめんなさい。m(_ _)m

2012年3月12日 (月)

暗中模索の一週間、その1

前回の記事にほんとうにたくさんのエールコメントをありがとうございます。

あらためて自分を見つめなおしながら、また前へ進もうと思います。

今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

m(_ _)m

さて、そんな状態のときでも、何かしてこのモヤモヤから脱しなければといろいろやっていました。

6日の火曜日は晴れ間が見えていたので夕方ちょっとだけ外に出ました。

すると赤くなりかけた西の空に龍が・・・すかさず写真撮りましたが、やはり写真におさめるといまいちはっきり写ってないんですよね。見た目ははっきり龍だったのにね。

120306_17_35_30

翌日7日は雛人形をしまう予定でおそばも食べました。

120307_12_39_28

雛人形をしまうときにはおそばを人形にお供えしてからしまうという母曰くの風習から行いました。

しかし、結局しまったのは、昨日日曜でしたが・・・

というのも、なんかモヤモヤが晴れないので、いつものご近所散歩に出たため。

ご近所は新宿御苑の端に作っている玉川上水復元遊歩道がどこまでできているかな?って覗きに行きました。

その横の通り(今はトンネルができて車の通りが少なくなりましたがもともと旧甲州街道、実際には甲州街道は新宿追分からなので甲州街道と新宿大木戸を結ぶ道)の植え込みにはこんなものが

120307_15_53_39 120307_15_53_50

すごくいい感じの機関車やクラシックカーですね。

これ、都や区で設置したものではなく、この前の家の人が作って設置したようです。なんかほっとしますね。

120307_15_53_44

これは植木にたぬき(アライブマ?)を入れて置いてますね。本来なら公道なので、こういう個人的なものを置くのはいけないのでしょうけど、お散歩する側には楽しく見えますし、これが昔からある江戸っていうか東京の風景な感じもします。

昔(といっても昭和30年代)は映画「三丁目の夕日」でも出てきましたが、こういった通り(昔なら路地)には、皆さんいろいろ家の前や軒先に置いたりしていて、そんななかで縁台置いて将棋なんて光景もいっぱい見られたと思います。

それも古きよき東京というか日本の風景な気がします。今はあまり見かけないですが、その名残は残したいですね。

こういうのが無くなるのには、それを壊したり盗んだりする輩が多くなったからだと思いますが、それだけ日本が平和でなくなってきている証拠なんでしょう。またこういうことできる平和な日本に戻るといいな。

さて、肝心な遊歩道は

120307_15_56_21 120307_15_59_44

おお、たいぶできてきましたね。まわりには花もいっぱい植えられるようです。

この春には完成するのかしら?楽しみですね。

新宿御苑に入ると広いので時間かかりますが、このインフォメーションセンター覗くだけでも新宿御苑の今がわかるので、結構個人的には好きです。

120307_16_29_01

意外に新宿御苑にこられるかたでここに入らないかたも多いようですが、一度覗いてみるのも面白いと思いますよ。

時期によって説明もいろいろ変わっています。今の時期はこれからその時期になる桜についていろいろ解説してあります。

120307_16_12_12

イチョウサクラなんてあるんですね。

120307_16_12_20

ウコンサクラも?へえ~いろいろ勉強になります。

さて、新宿御苑がなぜにサクラが多いのかというと、こんな説明がありました。

120307_16_27_39

120307_16_28_00

サクラのお花見の成り立ちも書いてあって、それによるとサクラの「さ」は稲や田の神様のこと、「くら」は神様の宿る場所という意味なんだそうです。勉強になりますね。

今まで気づかなかったけど、天井には野鳥のオブジェがこんなところに置かれてたりするんですね。

120307_16_22_47 120307_16_22_57

面白いでしょ?新宿御苑に行かれたらぜひ一度覗いてみてください。結構お安いてお気軽レストランもありますしね。

新宿御苑から新宿までの間には小さな神社があります。実はこの雷電神社は今は花園神社の中にいっしょに祀られているのですが、もともとはここにあったそうな。

120307_16_35_40

それを地元の人と電気関係のお仕事の人たちが復活させた神社だそうです。なので、現在は新宿雷電神社は二つあることになりますね。

120307_16_35_55

私も広い意味では電気関係の仕事ですので、よく御参りしに来ますが、この日はちょっと遅かったかな。閉まってました。

そうそう、お得意の甘いものはこの日の帰り道のベローチェでいただきました。

奥方は毎度のミルクレープ

120307_18_35_45

私はイチゴケーキ

120307_18_35_52

翌日8日は銀行に走り回っていた日ですが、短時間でさまざまな銀行処理したということで、自分へのご褒美としてこんな空気清浄機を買いました。

120308_14_36_33

これ前にサンヨーのHPでみたとき、物理的にはとてもすごいなと思ったもの。

水道水を電解水みしてふたつの物質を作り、それがにおいや汚れ、花粉、ウイルスなどを吸着して消去していくというもの。

ミストを発生し、空気清浄とともに加湿の役目もあるようです。(室内の湿度はかなり上がりました)

でも、実売1万5千円くらいしてたのであきらめていました。

ところがドンキホーテで4980円で売られていると言う噂を聞きつけ行ってみたら確かにその値段で叩き売り状態。

ちなみにヨドバシとかビッグではもう販売していません。

というのは価格ドットコム見てその理由がわかりました。

どうやら中に給水棒というのがあってそれがちゃんと水を吸い上げずすぐに壊れているんでは?という感じになるらしいのです。

確かにいいことづくめっていうのにヒットしていないのはおかしいなとは思いましたが。

しかし、調べてみると面白い。この給水棒を電気ケトルで煮沸させたら、普通に使えるようになったというコメントを見つけました。

確かに、物理的にそうすれば給水棒は芯まで水分がいきわたり正常に動くはずです。

世の中すごいことを試してみるかたがおられるんですね。

ただし、説明書に書かれていないことなので自己責任でと書いてありましたが、この値段ならいちかばちかでやってもいいかなと思って購入してみました。

結果、使い始めて一週間した今でも正常に動いています。

オフィスにはもうひとつ東芝のエアリオン(これは交換ジェルが頻繁に替えねばならないので、効果はありますがちょっと大変)があるのですが、

120308_14_37_39

どっちの効果なのかわかりませんが、確かにオフィスは空気がきれいになったような気がします。少なくても匂いなどは消えてちょっと清清しいにおいがしてるように思えます。

この週の火曜から木曜はこんな感じでしたが、なぜか気持ちは晴れなかったですよね。

長くなっちゃったので、金曜からのお話はまた次回にでもご紹介しますね。

相変わらずの長文連載でごめんなさいをお読みいただきありがとうございます。

さて、今日の一曲ですが、音楽的にも精神安定をはかろうといろいろヒーリングミュージックを聴いてましたが、その中でもよく聞いていたのが、これ

 人と時と風の中へ / S.E.N.S.

日本人が好きなフレーズが多く、個人的にも好きで以前からよく聞いてましたが、けっこう気持ち落ち着くのでこういうときによく聞いています。