フォト

ぽちっとボタン

  • ぽちっと、お願いします
    ポチッとよろしく!

にほんブログ村

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
熨斗と水引

Blog Mail

  • メールはこちらにどうぞ

« 房総半島パワーをいただく旅(海編) | トップページ | そらもよう ~20120711~ »

2012年7月14日 (土)

ムクゲの季節

さて、今日はうちの植物のお話です。

最近、だんだんとうちの建物の周りがプチ庭やプチ畑となっているのですが、そのうちひとつ、駐車場口プチ菜園がジャングル化してしまいました。

というのも、この7月ごろから秋まで、ムクゲという低木がかなり元気になって花を咲かせます。

それに増して、ムクゲと重なり合うようにヤツデも大きくなってややジャングルっぽくなってしまいました。

ヤツデは自分で自分の首を絞めているような状態になっているし、ムクゲはあまりに頭でっかちになりすぎて倒れそう。

この際ということで、この二本をさっぱりしてあげることにしました。

ヤツデは葉が大きいため、これが上に伸びてしまうと、ほかの背の低い植物に大きなダメージを与えてしまうので、思い切って低めに剪定しました。

問題はムクゲ。

120712_15_15_34

現在花も満開できれいなので、むやみに切って捨ててしまうのもかわいそうということで、ある程度はうちのあちこちに活けてあげたんですが・・・

それでおさまるような花の量ではありません。

120712_15_15_20

そこで、今年は、ムクゲにこのような説明プレートをつけて、下には切った花をある程度活けやすいサイズにしてバケツに大量にさしておきました。

120712_15_15_46_2

こんな張り紙もしてね。

しばらくは誰も持って行ってくれませんでしたが、二日目に通りすがりの自転車おばさんが

「最近、花も高くなったしうれしいですね。遠慮なくいただきます」と、持って行ってくださいました。

このムクゲという木、実はもともと中国やインド原産らしいんですが、かなり古くに日本に伝わってきて万葉集をはじめ芭蕉・一茶など多くの俳人・歌人たちにも歌われてもいます。

この木の樹皮を乾燥したものは木槿皮(もくきんぴ)、槿皮(チンピ)と言われる生薬で、薬用としても昔から珍重されていた模様。

花は一日花といわれるけど、実は朝開いて夕閉じるのでそう勘違いされているだけで、実際には2・3日咲きます。

このような咲き方から華道では好まれないものの、夏の茶花としては代表的な花だそうです。

うちの花はややピンクがかっていますが、その数日の間に紫になり、紫になった日の夜に花が終わります。

そして、ひとつの花の周りにいくつものつぼみがあるので、これらが次々咲いて一週間以上楽しめます。

我が家ではちょっと花の掃除などは大変ですが、私も今回いろいろ調べてわかったんですが素敵な植物なんですね。

そう、もしよろしければ、新宿~四ツ谷近辺お散歩の折にでも花がバケツにあればお持ちください。

ん?場所がわからない?

ま、このあたりを探索しながら探していただくもよし、左フレームにあるBlog Mailにてご一報いただければ場所お知らせいたします。

今日のおまけ

ひさびさに数日前、グレがのんびりしていました。

120708_10_27_28 

« 房総半島パワーをいただく旅(海編) | トップページ | そらもよう ~20120711~ »

園芸・プチ農園」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

今晩から京都は、祇園祭の宵山です。午後3時位から四条方面に
向かう電車には、ゆかた姿のお嬢さんがチラホラと。
今年はまだ梅雨が明けずに、鉾町の狭い道は蒸し風呂状態かも

さて、ムクゲの咲く季節になってきましたねぇ。街を歩いていてもアジサイに
代わって、よく見かけるようになりました。小さな木に白や紫の花を
いっぱいつけて、真夏の空にたたずんでいます。

韓国の花のイメージがあるのですが、日本でも昔から楽しまれているの
ですね。知りませんでした。

チンピ って ムクゲの木の皮だったんですね~
知らなかった! ひとつ おりこうになりました
ありがとうございます
グレちゃん。。。。たまりません~
可愛い~~~

ムクゲの木
うちにもありました(?)
去年の秋、あまりにも大きくなったのでばっさり切っちゃた(1メートルくらい残して)・・・
今年も芽が出てくるかなあと思っていたのですが、駄目見たい、しようがないか・・・とあきらめて根本からまた切りました。ただ、切ったのは、紫色のほう、白色のほうは出てきました

槿の花、初めて見ました。なかなか見事な花ですね。バケツを持ってゆかないでとは、思わず笑えます

>なかっちょさん
ありがとうございます。
そうですね。祇園祭りですね。
以前はこの時期、東京京都を何度も往復してたのを思い出します。
ムクゲは紫陽花と入れ替わり咲く花ですよね。
花の品種も多いので、最近は街中でもよく見かけますね。
京都の夏は暑いですから、くれぐれもお気をつけて。

>marianaさん
ありがとうございます。
槿皮(チンピ)という名前はご存じのかたもいらっしゃいますね。
でも、それがムクゲの木皮というのは私も知りませんでした。
グレ、最近あまり姿見えないと思ったら、ここ数日は暑いからか
のんびり、グダーっとしてます。

>姉さん
ありがとうございます。
確かに気を付けてないとどんどん大きくなる木ですよね。
ありゃりゃ、紫切っちゃったですか。
白より色つきの方が数が少ないらしいですよ。
でも切り株残っていれば、また生えてくるかも?
ムクゲは丈夫ですからね。

>山の風さん
ありがとうございます。
ムクゲの花はちょっと派手な花ですが、美しい花ですよ。
街中で見かけるちょっとお水っぽい女性の感じかな?
ちょっと花の形だけはハイビスカスにも似てますね。

いや、実はこれ笑えなくて、前にガレージで
「不用品、ご自由にお持ちください」をやったとき
それをおいたテーブル持って行かれてしまったことがあったんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 房総半島パワーをいただく旅(海編) | トップページ | そらもよう ~20120711~ »