フォト

ぽちっとボタン

  • ぽちっと、お願いします
    ポチッとよろしく!

にほんブログ村

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
熨斗と水引

Blog Mail

  • メールはこちらにどうぞ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

新宿区にもある湧水、そこの猫だれ気味

すっかりご無沙汰してしまいごめんなさい。m(_ _)m

私がこのブログご無沙汰しているうちに、すっかり夏到来。毎日暑い日が続いてますね。

みなさん、熱中症、日射病にならないように気を付けてください。

そうそう、もうひとつご無沙汰しているうちに、始まりましたオリンピック。

毎日激戦が繰り広げられてます。寝不足になっていませんか?

日本人選手にもがんばってもらいたいですね。

と、オリンピックも盛り上がっていますが、私も暑いのであまり動きはよくない毎日です。

でも、土曜日にちょっと高田馬場に用があって出かけました。

そのついでにひさびさにお散歩することに。

(ひさびさなので、ちょっと長文になると思います。ごめんなさい。)

新宿区にもなかなか森深い公園があって、湧水が出ている公園が落合のほうにあります。

たまに散歩しに行くのですが、ひさびさに行ってみました。

その名もおとめ山公園。

120728_15_58_52

この名前だと乙女山公園?って思われますが、御留山または御禁止山のように書くようです。

要は江戸時代に将軍家の狩猟場だったことからこのような名前がついているそうです。

120728_15_16_50

のち大正時代にこの地の地主であった近衛家や相馬家の庭として残されていました。

そしてその後も地元の人たちによって秘境を守る運動によって今でも森深い公園になっています。

120728_15_16_56

ここは夏でも涼しいところなんですが、さすがにここ数日はここでも暑いです。

では、ごいっしょにこの公園を散歩してみましょう。

この公園は東と西に分かれているのですが、その真ん中にある道路にはこんな標識が。

120728_15_15_24

春とかはここにカルガモの行列が見れるんでしょうね。

さて、さっそく門前に暑さでのびている猫くん発見。人が近づいても、この伸びた手足は動かず頭だけを動かす状態。

120728_15_15_33

そう、そこまで暑いんですよね。

西側の公園は南側が丘になっていて、北側は渓谷っぽくなっています。

120728_15_18_02

まずはこの渓谷っぽい川に沿って、湧水口に向かいます。

このあたりは森も深い。

120728_15_19_58

その中の小川もこんな感じでわずかながらの水が流れています。

120728_15_20_24

ここが湧水口。ここは暗いのでちょっとぼけてしまってごめんなさい。

120728_15_21_32

さて、帰りは南側の山側を通って帰ります。

このあたりは見晴もよいのですが、さすがに草ぼうぼうであまりよく見えません。

この見晴のよう風通しのよいところあたりに普段、ネコ君たちがいっぱいいるのですが、さすがにこの暑さ。いたにはいたけど、この黒、完全にのびてます。

Img_01502

そして、こちらは丘の頂上

120728_15_34_48

ここにちょっとした休憩場所があるんですが、ここに集まっていました。

ここは意外に涼しいのでネコたちもそれを知っているんでしょうね。

それにしても無防備というか、のびきっているって感じですね。

今回は特別にデジカメで撮ったアップのこの子達もご覧ください。

Img_01532

Img_01582

Img_01592

いや、ほんとこりゃしんどいってところです。

確かにそうなるのも分からなくないほどの暑さですね。

さて、また中央の道に戻ってきて、今度は東側の池のある公園へ入ります。

120728_15_59_30

こちらは西側公園と違って森も深くないので日差しがまぶしいです。

こちらにもいました、ネコ君。

Img_01612

こちらは水があるせいか元気です。

近寄ってきたかと思ったら、根っこで爪とぎ?

Img_01642

私の足でやられなくてよかった。

池の中は・・・たくさんのカメが甲羅干しというより干上がっているって感じでした。

120728_16_06_00

アメンボくんもたくさんいるんですが、唯一涼しげ。

Img_01662

あれ、石の上にかっこよく構えているのは・・・さっきの爪とぎネコ君。いつのまに

Img_01682

なかなかかっこつけしいなのね。だからなのか、一匹オオカミならぬ一匹猫でした。

さて、帰りにまた門前のネコくん見ると、

Img_01692

もうだめ~って感じでした。

さて、この公園は前にも書きましたが、近衛公爵家の庭だったらしいのですが、なんと近衛公爵家の離れが残っていて今は着物屋さん兼喫茶店になっているというので、行ってみました。

120728_16_57_51

「花想容」というお店なんですね。

120728_16_57_56

奥方はあんみつの冷しほうじ茶セット

120728_16_32_03 

私は冷やしゆずドリンク

120728_16_33_16

おいしくいただきました。

ここは小さくて住宅街の奥の奥にあるので、知る人ぞ知る場所なんですが、けっこうお客さんいらしてました。

120728_16_22_26

お庭もこんな感じ。

120728_16_57_12

水琴窟もあるんですね。

120728_16_56_41

お庭がこういう雰囲気もいいですね。

120728_16_57_18

ちょっとうちの庭にヒントいただきました。

120728_16_56_56

ここで、一息入れて外に出ると、すぐ裏には近衛篤麿公爵の記念碑があるのを発見してお邪魔しました。

120728_16_59_19

120728_16_59_24

大正十三年に建てられたものなんですね。

120728_16_59_46

ここから先ほどの離れを見ると、おお、古き良きものが感じられますね。

120728_16_59_54

と、夕方の新宿区落合あたりのお散歩でした。

このおとめ山公園やそのまわり、一年に何度か来るのですが、とても静かで気持ちのよう場所です。

よろしかったら一度お散歩してみてくださいね。

2012年7月15日 (日)

そらもよう ~20120711~

ちと前の写真ですが、抜糸しに病院に行った日の空

120711_18_15_07

この日の夕方、いい風が吹いてとってもきもちよかった経堂コルティ屋上庭園にて。

 おまけ

最近よく見かける我が家というかわが庭の住民たち。

夕暮れの薄暗いときに、塀や木に飛びながらバチバチぶつかる結構大きなやつ。

朝パセリの鉢付近で発見。

120627_9_05_33_2

コガネムシ君。裏返すときれいな銅色に光ったおなか。

120627_9_06_11

そしてこちらは雨が降った翌日の朝などにこれまたよく見かける住民。

5月ごろに小さいのをよく見かけましたが、ちょっと大きくなったかな?のカタツムリ

120707_8_29_02

都会の中の小さな小さな庭にいろんな連中が住みついていますが、これってもともといっぱいいたのに今まで気づいてなかったのかな?

それとも庭の整備などしたりして庭の気を数段よくし始めたことから、うちにいろんな住民が住むようになったのかな?

2012年7月14日 (土)

ムクゲの季節

さて、今日はうちの植物のお話です。

最近、だんだんとうちの建物の周りがプチ庭やプチ畑となっているのですが、そのうちひとつ、駐車場口プチ菜園がジャングル化してしまいました。

というのも、この7月ごろから秋まで、ムクゲという低木がかなり元気になって花を咲かせます。

それに増して、ムクゲと重なり合うようにヤツデも大きくなってややジャングルっぽくなってしまいました。

ヤツデは自分で自分の首を絞めているような状態になっているし、ムクゲはあまりに頭でっかちになりすぎて倒れそう。

この際ということで、この二本をさっぱりしてあげることにしました。

ヤツデは葉が大きいため、これが上に伸びてしまうと、ほかの背の低い植物に大きなダメージを与えてしまうので、思い切って低めに剪定しました。

問題はムクゲ。

120712_15_15_34

現在花も満開できれいなので、むやみに切って捨ててしまうのもかわいそうということで、ある程度はうちのあちこちに活けてあげたんですが・・・

それでおさまるような花の量ではありません。

120712_15_15_20

そこで、今年は、ムクゲにこのような説明プレートをつけて、下には切った花をある程度活けやすいサイズにしてバケツに大量にさしておきました。

120712_15_15_46_2

こんな張り紙もしてね。

しばらくは誰も持って行ってくれませんでしたが、二日目に通りすがりの自転車おばさんが

「最近、花も高くなったしうれしいですね。遠慮なくいただきます」と、持って行ってくださいました。

このムクゲという木、実はもともと中国やインド原産らしいんですが、かなり古くに日本に伝わってきて万葉集をはじめ芭蕉・一茶など多くの俳人・歌人たちにも歌われてもいます。

この木の樹皮を乾燥したものは木槿皮(もくきんぴ)、槿皮(チンピ)と言われる生薬で、薬用としても昔から珍重されていた模様。

花は一日花といわれるけど、実は朝開いて夕閉じるのでそう勘違いされているだけで、実際には2・3日咲きます。

このような咲き方から華道では好まれないものの、夏の茶花としては代表的な花だそうです。

うちの花はややピンクがかっていますが、その数日の間に紫になり、紫になった日の夜に花が終わります。

そして、ひとつの花の周りにいくつものつぼみがあるので、これらが次々咲いて一週間以上楽しめます。

我が家ではちょっと花の掃除などは大変ですが、私も今回いろいろ調べてわかったんですが素敵な植物なんですね。

そう、もしよろしければ、新宿~四ツ谷近辺お散歩の折にでも花がバケツにあればお持ちください。

ん?場所がわからない?

ま、このあたりを探索しながら探していただくもよし、左フレームにあるBlog Mailにてご一報いただければ場所お知らせいたします。

今日のおまけ

ひさびさに数日前、グレがのんびりしていました。

120708_10_27_28 

2012年7月12日 (木)

房総半島パワーをいただく旅(海編)

さて、前半では、すっかり日がくれる直前までハーブアイランド・ベジタブルガーデン、そして熊野の清水公園でゆっくりしちゃいましたね。

ここから国道297で千葉市方向に向かい始めたんですが、西の空を見ていた奥方が

「海に沈む夕日見えるかも?」

「うん、それも可能性ありだね。」

でも、あと1時間ほどで日没のはず。それまでに日没見るためのベストプレイス探さなくちゃ。

すかさず、ナビ起動。ちょうど渋滞にはまったので、チャンスとばかりあたりの地形をチェック。

すると、お~ここまで行けるかな?

車を一時停止してルート探索すると、日没までに間に合いそう。

急いでそのルートを打ち込んで出発。

向う先は、東京湾の中でもちょっと変わった地形になった場所、富津岬の先端。

まさに海のパワーをいっぱい受けられるところです。なんたって、東京湾のど真ん中に存在する細長い半島ですからね。

しかし、検索すると高速道路を使わないと行けない。近いはずなのに?

でも、これが実は正解。これ使わないと日没に間に合わなかったかも?

高速を降りて富津岬に入ります。両側は海。その先端は360度中300度近くが海という場所。

先端に行くとこんなすごい展望台があります。明治百年記念展望塔っていうそうです。

120630_18_38_12

これに上ると、まさにこの半島が細長いのがよくわかります。

120630_18_40_01

そして、ここにある地図 でみればその位置などもわかります。

120630_18_48_09

そして海のほうを見ると小さな島が・・・これ、海堡っていう人工の島なんですね。

120630_18_40_53

その昔、東京(江戸?)を海から攻めてくる外国の船から守るために作った人工要塞島で、第三海堡まであるんですね。

120630_18_53_11

お台場には砲台を置くための台もあったんですよね。台場という名前はそのままですね。

この旅では最初にも「うみほたる」で海に囲まれたパワーもらったんですよね。

房総半島はほんとうに山から海からたくさんのパワーをいただけますね。

そういえば、日没狙いでここに来たんですが、残念ながらこの日は西の空に雲が出ていて日没は拝めませんでした。

120630_18_42_22

さて、だんだんまわりも暗くなってきたので、富津岬から帰路へ。

帰り道に晩御飯をいただくことにしたのですが、やはりここは海の幸?

実は房総半島にはたくさんのお寿司屋さんがあります。どこも新鮮な海の幸を使っているところが多く、おいしいんですが、お値段もそれなり。

そこで明朗会計な回転寿司に向かいました。

ここ木更津にはなかなかおいしくてお安い回転寿司やさんも多いんです。

しばらく走って、木更津漁港の目の前のスーパー回転寿司「やまと」に入ってみました。ここは初めて入ります。

120630_20_37_03

お値段は「かっぱ」や「くら」のようなお手頃値段ではないですが、お値段表示してあるので、安心。

いろいろ注文しましたが、中でも地元の金目鯛はおいしかった。(手前から二つ目のお皿)

120630_19_45_09

そして、これ!あじの握りふたつのうしろにいるのは身をにぎられたアジ君。

120630_20_10_03

動画でないのでわかりにくいのですが、このアジ君、なんと、この状態でピクピク動いているんです。すごい、まさに生き握りです。

ちょっとかわいそうな感じもしますが、ちゃんとおいしくいただきました。ありがとうアジ君。m(_ _)m

そんなこんなで友人の落ち込みもすっかり元気になった模様。よかった。

でも実は、私も今回の入院が大したことではないとはいえ、いろいろ不安もありました。

ほかにも仕事のことだったりいろいろしんどいことも多かったのもあります。私もちとブルーだったんですよね。

なので友人とともにパワーをいっぱいいただけた一日でした。

そして、無事手術、無事退院してまいりました。

家族や友人、そして、ここでもたくさんのご心配してくださったお友達のみなさんへ

心よりありがとう。

今回のこのコースは私のおすすめですが、もしよろしかったらぜひ。

実はもっと早くから出て他にも面白いところに立ち寄るパターンもありますが、それはまた別の機会に・・・

今回も長く2度に分けた記事をお読みくださってありがとうございます。では~

2012年7月11日 (水)

房総半島パワーをいただく旅(山編)

これは、入院前の6月30日のお話。

その数日前に、とある友人からメッセージが入りました。

それによると、今とても気分が落ちていて、どうしようもない状態なんだけど、どこかよいパワースポットはないでしょうか?というものでした。

でも、いただいたメッセージを読んで、その内容とは関係なく文章から受けた直感は、俗に言われるパワースポットというよりそういうところではなく、とにかく自然のパワーを必要としてるんではないか?というものでした。

後は人間関係の複雑化した問題も感じ取れたんですが、それは近すぎず遠すぎずの友人が話を聞けば大丈夫かな?と思えました。

これは、私と奥方(実はその友人、女性なのですが奥方も仲良し)みたいな立場の人間でOKかな?と思えたので、こんな提案をしてみました。

「今、私の勝手な直感によると自然のパワー不足が感じ取れます。自然パワーは主に山と海の二つがあるんですが、たぶん山のほうのパワーを欲しているように感じます。

そこで、ご自分で行かれるのであれば、割と行きやすい高尾山または秩父をお勧めしますが、もしよろしければ、私たちも今度の土曜に千葉県の大多喜町にあるハーブ園に行く予定ですので、そちらにごいっしょにいかがですか?」

と聞いてみました。数日してから、ぜひハーブ園に行きたいという答えが返ってきました。

これまた直感なんですが、人間関係の話をなにげにするというのも感じ取れていたので、こちらのほうがいいかなというのも感じながら提案してみたんですが、ベストだったようです。

ということで、入院前の30日に房総半島の真ん中あたりの大多喜町にあるハーブ園「ハーブアイランド・ベジタブルガーデン」に向かいました。

友人は船橋あたりにお住まいなので途中で拾うのも考えたんですが、それよりこの日は天気もよさそうだったので気持ち良いアクアラインコースを選んだため東京駅で待ち合わせ。

そこから一気に首都高経由でアクアラインに突入。やはり土曜日はかなり混んでます。

もしかしたら「うみほたる」も止まったことないかなと思って聞いてみたら、やはり行ったことはないとのこと。

なので、うみほたるでちょっと休憩。でも駐車場は満車直前でした。らっきー。

120630_11_10_19 

ということで、うみほたるをちょこっと探索。

120630_11_18_58

このくまさんは前に東北道で食べた「くまさんのカステラ」のくまさん?

120630_11_15_38

おはつにお目にかかります。首をゆっくり横に振って楽しそう。

よく見ると、胸のプレートには「渡辺」と書かれています。くまさん、渡辺さんだったのね。

120630_10_56_38

とあちこちキョロキョロ探索しているんですが、友人は初めてということで楽しんでおりました。

その友人を奥方にまかせ、私はというと・・・

Dscn3563

はい、ここ「うみほたる」は羽田発着飛行機が上を通ることが多いんですよね。

Dscn3573

気流の関係で微妙に違うところ飛ぶ時もありますが、この日はどんぴしゃ真上。

Dscn3580

しかも着陸機も離陸機も真上を通ります。

私は空きち君ではないのですが、やはり男の子なんで、こういうのは楽しくてしょうがない。

でも、飛行機ってこの近くで写真撮るの(しかもズームで)難しいですね。それにくらべ船は楽

Dscn3569

そうそう、遠くスカリツリーもぼんやりですが見えました。

Dscn3566

しかも私、大多喜のハーブ園に行くときはいつもデジカメ3台フルセットででかけるため、スーパーズームカメラ2台で、超ズームパチパチしまくり。

Img_0106

女子二人は何してんの~って感じであきれていましたが・・・ごめんなさい。

しばらくそんなことしていたら、どんどん時間も過ぎてしまうので、ここにある幸せの鐘鳴らして、友人のもやもや気分を払ってもらってから出発。

鳴らしながら友人なんとなく自然な笑い顔が・・・はい、今日はきっと元気になって帰れるさ~

Img_0111

アクアラインもうみほたるまではトンネルで何も見えませんが、うみほたるから木更津までは橋の上なので気持ち良いドライブ。

Img_0107

アクアラインを越えると館山道にぶつかりますがこれも越えて、木更津東まで直進します。

もう少ししたらこの先もできて大多喜ももっと近くなるんですけどね。

ここからは千葉房総半島の中心部の山道をひたすらクネクネ走ります。

ここらへん走っていると、千葉って海だらけのイメージですが、とてもそんなこと感じないほどの山中。

こういう山の自然と海岸線の海の自然の両方からパワーをもらえるのがこの房総半島なんですよね。

そのためか、あの里見八犬伝の舞台になったり、歴史的にもこの房総半島をほしがる大名も多かったという記録があるほど、ここには不思議なパワーや霊力などがいっぱい凝縮されている半島なんですよね。

私は、趣味の釣りから温泉、ハーブといろんなことでこの地にはお世話になっていますが、いつも思うのはここではほんとにすばらしいパワーをいっぱいもらえること。

なので、今回も友人をここに誘ったのでした。ま、私にとってはとっておきのパワー半島ですね。

さて、移動中になにげに彼女の精神的なしんどいことをいろいろ聞いていたんですが、やはり私の直感は当たっていました。

彼女は毎年何度か親戚いる福島某所(現在、被災地になっています)に遊びに行き、山で自然におもいっきり癒してもらってパワーいただいてまた元気に東京に戻ってきて暮らしていたんですね。

ところが震災以降、親戚はいまだに避難をしていて、福島の家にも行くことができなくなってしまった。

そのため彼女がいつも山からもらっているパワーはすでにカラカラに乾ききっていたんですね。

そのほかにも様々な問題を抱えてしんどさ満載だったようで、確かに疲れきってどうしたらいいのかわからないという気持ちになるのも、よくわかります。

そんな話も口に出して言えるようになれば少しは軽減できるかな?と思っていろいろ聞きました。

やはり、そんな胸につかえている話ができたことで、ずいぶん気持ちが落ち着いたようで、ハーブアイランド・ベジタブルガーデンに到着した時にはすっかり元気になっていました。

120630_13_41_23_3

心につまったものが出た後は、今度は気持ち良いものをいっぱいに吸い込んで帰れば、きっと元気になる。今回私が直感したのは、これでした。

時間なんて気にすることない、っていうより忘れてしまえるようなそんなところ、それがこのハーブアイランド・ベジタブルガーデンなんですよね。

私はもうずいぶん前から何かどうしようもないとき、ここまで来れる元気さえあれば必ずここに来る、そんな大好きな場所です。

ここに到着したのもちょうどお昼時。なので、まずはハーブ料理を堪能することにしました。

ということで、レストラン「サンドロップス」へ直行。

私は大好物のバジルパスタ。それにサラダ山盛り、チコリとたんぽぽのブレンドコーヒー。

120630_12_44_00

奥方は自家製トマトとモッツァレラチーズのパスタ(この日限定メニュー)にやはりサラダ、ローズヒップベースのハーブドリンク。

120630_12_44_08

友人は自家製トマトスパにサラダ。私が行きがけにお勧めしておいたバジルパンとハーブティー。

120630_12_44_12

もちろんおいしく完食いたしました。

食後はそれぞれ思い思いにこの中でのんびり。私は目の前の小川の周りにいるアマガエルや虫たちと遊び、

120630_14_20_23

奥方はいい風が吹くこのレストランの窓際でハーブティーをおかわりしながらのんびり。

120630_13_38_00

友人も畑やハウスのほうまで散歩しながら自然を満喫。

120630_13_42_06

しばらく、こんなのんびりした時間を過ごし、それから奥のハウスでルッコラ摘み放題に行きました。

120630_14_48_09

これがまた凄い量のルッコラを入手。

120630_14_48_23

ちなみに帰ってからバケツに入れましたが、

120701_11_28_24

これで摘んだルッコラの半分ほど。

これ全部でなんと300円ですよ。うれしいかぎりです。

ルッコラというハーブはご存知の方も多いかと思いますが、様々なビタミンが豊富でホウレンソウよりもずっと体にいい植物です。

結局、私が入院している間に奥方がペーストにしてくれました。これでしばらくはおいしくいただけそう。

120708_12_21_44

ちなみにこれは退院後に作ってもらった、ルッコラペーストと我が家で栽培した生バジルのスパ。もちろん、おいしかった。

ルッコラ摘みも満喫して。そのハウスのまわりでこんなやつをはじめ様々な自然の子たちと戯れました。

120630_14_49_53

そのあとは今復活中の我が家二階ベランダのハーブガーデンのための苗木を物色。

120630_15_07_20

友人も帰りは家まで送るから好きなだけ買っていいからといろいろお勧めしました。

一応、ハーブのお勉強はひととおりしているので、こういうときはざっと説明して初心者向きにはこういうのがいいかな?なんていろいろお勧めしちゃいました。

そして、今度は加工品コーナーでハーブティー用に乾燥させてブレンドした茶葉などを物色。

120630_15_59_12

ここは、奥方にまかせて私はハーブ公園になっているところをお散歩。

120630_15_06_52

これはぶどうですね。ハーブ以外にも野菜や果物もたくさん育てています。

この加工品コーナーでも、奥方も友人もかごいっぱいになってまだまだな感じ。

いいんです。こういう元気になる元はいっぱい持って帰りましょう。

なので、私も何も言わずのんびりしてました。でも、さすがにもう誰もいないし。

120630_15_59_00

はい、閉館まじかだったんですね。何時間いたのやら?

そんな時間をすっかり忘れてしまうような素晴らしいところなんです。

120630_15_58_50

さて、お日様もやや傾いてきたので、この近くにある湧水が出ている神社に行くことにしました。

ハーブも自然そのものですが、水もいい水をいただいてくることはパワーアップにつながります。

120630_16_39_53

日本百名水にも入っている熊野(ゆや)の清水(御神水)をいただきました。

120630_16_40_08

つめたくておいしいです。

120630_16_40_14

前はここはほとんど誰も知らないようなところだったんですが、ここ数年で有名になったようです。

120630_17_13_16

ひさびさに来たら、大きな駐車場はできてるし、清水公園というこの御神水の流れたところに池をいくつかつくって、水生植物をたくさん植えているんですね。

120630_16_57_27

これは水生植物ではないですが、いい水が豊富なのであらゆる植物が元気です。

今、私もビオトープをやっているので、水生植物はすごく興味あるんですが、あれれ?どうやらハスとスイレンがメインのようです。

120630_16_59_05

ハスはまさにもうすぐ咲くという時期。もうちょっと後だったら最高だったのにね。

120630_17_02_01

ハスは仏様の植物ですから、これまた素晴らしいパワーいっぱいいただきました。

こちらはスイレン、こちらも咲いたらすごくきれいでしょうね。

120630_17_02_56

なんと、水の中にはたくさんのザリガニがいるんですが、はさみだけ水から出ていてすごい光景。

120630_17_05_00

公園内には藤棚もあったんですが、藤も実がなっていました。

120630_17_09_54

水車もいいあじを出してますね。

120630_17_10_21

ホタルブクロもベストな時期です。これもこの時期の素敵な花ですよね。

120630_17_15_40

すっかり房総の山のパワーをいただき、もう帰り道に入ったんですが、いや、まだ日が落ちるまで時間あるしならば、ぎりぎりまで時間使ってせっかくなので、海のすごいパワーもいただいて帰ろうということに。

と、うわ、またもすでに長文になってしまってごめんなさい。

なので、海編は後半に回しますね。では、また~

2012年7月 4日 (水)

無事、手術終了

順番でいうと、入院前に房総半島に出かけたお話をしたいところですが、それはまた退院してから書くとして、取り急ぎ手術終了のご報告。

まずは、みなさんご心配おかけしましたが、手術は無事終了しました。

ほんとうにたくさんのエールをありがとうございます。m(_ _)m

今日は昼過ぎに急激な痛みがあったものの、冷やしていたら少し楽になりました。

朝の先生のチェックと治療でもかなり回復力が早いようで、退院予定は金曜ですが、この調子ならばもっと早くでもいいけど一応念のために金曜までゆっくりしてくださいとのこと。

ただ、病室は免疫力を下げないために温度を上げていることから、サウナのような暑さなので別の意味でちと疲れます。

汗にも注意しないとね。

ということで、まずはとりあえず手術無事終了のご報告でした。

ちなみに病室はこんな状態になっています。

120704_7_24_51

最近はPC環境などもOK、科にもよるかもしれませんが、携帯も通話しなければOK(といいながら、同室の人はみんな平然とかけています。私は動けるので面会室まで持って行ってかけてますが)

新しく入手したWin7機を持ち込んで、この機会に勉強しようかと思っていましたが、もう退院間近なので、何もできないかも。

さて、あと数日の病院生活ですが、それなりにのんびり過ごそうと思います。

2012年7月 2日 (月)

病院よりまとめて記事アップ

さてさて、またまたすっかりご無沙汰してごめんなさい。

と、今いる場所は、病院の中。はい、ついに入院しました。

が、手術は明日でそれまでは特に何かあるわけでもなく、暇~

ということで、先ほどは寝不足解消のごとくしっかり昼寝しました。

そうそう、最近の病院は入院する科にもよるのかもしれませんが、携帯電話もマナーにして通話せずメールとネットつなぐだけならOKだし、PCも他の患者さんのご迷惑にならねば、そこそこやれる状態。

ネット接続も面会部屋でできるので、ベッドで原稿書いて、アップだけしにいくのもOK。

しかし、そんなことできるのも今日いっぱいかも?

術後はさすがにそんなに自由きかないでしょうね。

ということで、チャンスは今と書いてます。

さて、しばらくご無沙汰していたので、ネタもそれなりにたまってしまいましたが、まずは前回記事の先週の土曜日に那須に行った翌日の話。

翌日の日曜日は、那須でゲットしたものを整理。

まずは、ガーデンで入手した植物たちを植え替えして、ついでに庭の整理。

とはいえ、この日は簡単に整理しただけですが。

こんな植物をゲットして(主にシェードガーデン向き植物)

120624_10_21_35 

野菜畑はこんな感じ。

120624_17_08_24

そして、ついに約10年ぶりに復活させたハーブガーデン。

120624_17_24_02

といっても、大きさは3畳分程度なんですが、なんとここに10年前には約50種類のハーブを栽培させました。

今回はこの時点ではまだ数種類。

120624_10_21_42_2

でも、奥方も近いうちにハーブの講習や検定を受けるようなので、徐々に増えていくかも。

そういえば、この中にはすごいのもいます。(写真ひとつまえのベランダ風景)

チャイブ(やや左にいる長四角のプランター)というハーブとアロエはなんとこの約10年間、この場所に放置されていたもので、その子たち以外はすべて枯れてしまいました。

しかし、チャイブとアロエに関しては、なんとすごい生命力で今でも元気に育っていたのでした。

そして、その日の夕食は、那須で入手した特大しいたけ。

120624_12_41_22

これをバター焼きにしていただきました。おいしかった。

翌日もまた、庭の整理や倉庫整理などを行ったのですが、この倉庫整理中にびっくりしたことが・・・

倉庫の奥の場所には、タイヤとか車の用品とかを置いてあるんですが、前の車に使っていたキャリアをどかそうとした瞬間、ネコが飛び出してきました。

これにもびっくりしたんですが、その奥に何かいや~な予感。

かすかに「ミィー」とかわいい声。

キャリアを傾けると、その向こうで何か動いている・・・

120625_16_32_23

うわあ、まだ目も空いてない子供たちが4匹。かわいいけど、困ったものです。

しょうがなく、寒さやカラスなどにやられぬように段ボールにタオルやビニールをひいて中に入れてやったのですが、お母さんを探してうろうろ出てきてしまいます。

120625_16_45_11

約2~3時間ほどで、親ネコが他のどこかに連れて行きました。

そういえば、入り口の花壇エリアのプランターはききょうの花が咲き始めました。

120625_17_25_57

野菜エリアでは、やっとピーマンが食べられる大きさになってきたので、収穫。

120625_17_29_00

やはり生サラダでいただきました。

120625_19_48_35

この日の夜ご飯は、北海道から帰ってきた奥方のおかげもあって、北海道食的でした。

120625_12_53_12_2

やはり本場北海道鵡川のししゃもはおいしいです。

もっとも、この鵡川のししゃも以外は本物のししゃもではありませんが・・・

120625_12_53_18

バターコーンしょうゆ味、これご飯にかけるとおいしいんですよね。

120625_12_53_34

デザートはロイスの生チョコ。新商品のマイルドミルクをいただきました。

120625_17_34_02

翌日はネコ一族がいた場所をきれいにしてガーデンカフェのようにしました。(もっと手をいれないとだめだけどね)

120626_12_02_45 120626_12_02_56

裏庭カフェに、二階ベランダカフェ、合計3組~4組のお客様をお迎えできるかも?

そのうちそんなガーデンカフェができたらいいですね。

この日の夜は7、那須の帰りに買った日光みやげのゆば、そして野菜ガーデンエリアから収穫したシソなどでした。

120626_19_44_15

120626_19_44_23

と、大急ぎで数日の出来事をご紹介しましたが、この後、土曜日にまたおでかけしたのですが、それに関しては術後おちついたら書こうかと思っています。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »