フォト

ぽちっとボタン

  • ぽちっと、お願いします
    ポチッとよろしく!

にほんブログ村

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
熨斗と水引

Blog Mail

  • メールはこちらにどうぞ

« 第二回バカボンサミット@大阪 番外編 | トップページ | てるまえろまえ »

2012年5月30日 (水)

東京のど真ん中のプチ畑

またまた、ちょっと記事更新に時間かかってしまってごめんなさい。m(_ _)m

今日はこのブログではちょっと趣向が違う我が家のプチ農園のお話。

最近、巷では芸能人など著名人から一般人まで多くの人が傍ら農業とかプチ農業をやっているという話をよく耳にします。

これは去年、空調をなるべく止めてゴーヤなどを育てて緑のカーテンにしよう運動から始まり、今では野菜ぐらいはなるべく自給自足しようという動きまで、様々な要因があるようです。

私も、これまたあちこちでつぶやいたり発言したりしていますが、風が吹くと桶屋がもうかる方式で言えば、物価があがり消費税があがるのなら少しは野菜などを作るべと思った次第で・・・

これからの日本は圧倒的に第一次産業が強くなると思います。なんたって、まずは食うもの、これが生きていくうえで直接的な生活ですものね。

これまた連鎖で説明するとすごく長くなるので割愛します。

というあまり説明にはなってない理由で、今年はいろいろと野菜植えてみました。

まずは今までも増してプランター(特に野菜用)を増やし、雑草などが生えていた土が見えている部分も掘り返して耕してみました。

とはいえ、もともと駐車場の一部だったところなので、石をとって新たに肥えた土を混ぜてと、結構手間かけてちまちまやっています。

といっても、去年、ほんのちょこっと耕して青じその苗一本植えただけだったのですが、それが見事に大きくなって、結果夏場から秋の終わり近くまではシソは一切買わなくてもよかったという経験から。

その間に食材にしたシソの量はおそらくスーパーなどで買うシソ200枚以上分。

10枚100円としても(時期によるともっと高い)2000円分くらいにはなりました。

苗も200円以内で入手したので、いろいろな手間を入れても1000円くらいは得したと思います。

しかも、これまたちょっとずるというか効率的な水やり方法で、クーラーから出る水の配管をシソの根元に置いたのです。

なので夏の間、水遣りしないのにまあ、でっかくなるわ。

今年はそんなずぼらもせず、せっせせっせと毎朝水やりしています。

ちょっとだけプチ農業に力入れてる感じ。

最近は、これまでずっと朝まで起きていろんなことして、午前の半分を寝るという生活から、なるべく早寝早起き生活に変わったのもあります。

おかげで、明け方のちょっと空いた時間にブログの更新したりしていたのもできなくなってしまい、ブログ更新が以前より少なくなってごめんなさい。

今までブログ更新に費やしていた時間がちょっとプチ農業に持っていかれた感じですね。

そんなわけで、今年は4月終わりごろからいろいろ植え始めました。

まずは始めて間もない5月はじめのころの写真。

120501_17_27_49

これがビル入り口のプランター群。

いろいろ普通の観賞用植物の中にまぎれて、バジル・ナス・ネギ・ゴーヤなどがいます。

まだ、このころはどうなるだろうという苗。

120501_17_28_08

そして、こちらがプチ農園。シソとピーマンがいますが、まだまだ。

それが、この1ヵ月がんばって手を入れてきたおかげで、なんと、ナスはこんなのが

120529_15_32_14

ピーマンもまだ1センチほどですがちょっと嬉しい。

120529_15_35_13

そしてネギ(ワケギ)やシソ・バジルはすでにどんどん食卓に登場しています。

120528_16_46_15

120529_15_35_17

いやあ、ちゃんと農業やっている方はもちろん、家庭菜園もしっかりやられているかたには、それがどうした?と言われてしまうかもしれませんが、ここは東京のど真ん中の新宿。

歌舞伎町まで歩いてもさほどでない場所。

しかも、建物も多く、うちの日照時間は朝のうちの2時間ぐらいと昼~夕方のこれまた2時間ぐらいというとても野菜つくりに適した環境とは言えない場所です。

そんな街中で作った野菜、どうなの?

いえいえ、意外にも公害は少なく、苗も少ないため虫が出ても一本一本をいちいち虫取るようにしているため、もちろん無農薬です。

といっても、本格的にやっているのではないし、食べられるまで大きくできるかどうかもわかりません。

(以前、大きくならないので、大きくなるまでと放置していたピーマンが結局赤くなって食べられなくなる失敗したこともありました)

でも、なんだか、今の日本、資源がないからといって無理に原発を稼動させようとしたり、国が貧しいからと言ってなんでもかんでも税をとってしまおうという国民の健康や生活を無視した国にいるからには、失敗してもいいから少しでもこういうことをしていかねばと思うのは変でしょうか?

また、こういったことに汗水流せば、お百姓さんの努力というのも改めて体でわかると思うし、小さくても自分で作った野菜はなによりおいしいに違いない。

と、思うわけです。

そういう意味でもこれから第一次産業は見直され、大切にされなければいけないときがわが国には来ている様にも思えます。

今では何が起きてもおかしくない、そんな日本です。

いつ何どき、電気が止まるかもしれません。ガソリンが異常に値上がるかもしれません。

貨幣価値が一挙になるならないとは一概に言えません。

そんなときに、ITだの電気事業だのが、まったくの価値を失うなんてことだって無いとは言えません。

もちろん様々なセールス商売も無くなっていかないとも言えません。

株式にいたっても同じ。今はそれを見越して株式形式をやめている企業も少なからず。

そのときのために今から自給自足を徐々にでもスタンバイしていくのもいいかもしれないとも思うのは行き過ぎ?

いやいや、そんなこと考えて、最近プチ農園やプチ農業などを傍らで行っている人もいるのでは?と思えるほど。

という我が家のプチ農園のお話でした。またたまにこんな話題も書きたいと思います。

でわ!

« 第二回バカボンサミット@大阪 番外編 | トップページ | てるまえろまえ »

園芸・プチ農園」カテゴリの記事

コメント

野菜大きくなると良いですね。
自分で育てた野菜が食卓に上る・・・嬉しいですよね
我が家はまだ収穫までには時間がかかりそうですが・・・
自家製野菜の食事の写真楽しみにしていますよ

ナスいい塩梅ですな(^o^)

こんばんは!  野菜たち 青々活き活きしてますね。
サボテンを枯らした悲しい過去があるので 
いつもよそ様のお花で和ませてもらっています。 
時々畑の様子 見せて下さいね(^_^)

ときどき。。。プチ農園のお話しいいです
なんだかいやされます。
収穫した野菜に愛情がわきますね
私は虫がきらいなので台所で買ってきた豆苗を
水だけで育てて何回か収穫しています。
それだけでも『豆苗ちゃん
という気分になります(笑)

>里山のプーさん
ありがとうございます。
いつも里山のプーさんのブログで収穫話を読むと羨ましく思います。
こちらのは、小さな小さなものですので、食卓に豪華に上がるまではいかないですけどね。

>フレ金ちゃん
ありがとう。
ナスはけっこういい具合に大きくなってきていますが
ベストな採取時がいまいちわかってないので、それを注意せんとね。

>ケーキが好きさん
ありがとうございます。
あれま、サボテンね。意外に難しいかも。
水やりすぎはNGだし、そうかといって乾燥させすぎもね。
うちのサボテンはみんなバンザイしています。
それもそのうちアップしますね。

>ぐみちゃんさん
ありがとうございます。
キッチン農園もいいですよね。
日当たりのよいキッチンならば、どんどん大きくなるでしょう。
しかも、その場で食材になるというのも便利ですよね。
我が家も以前ちょっとやってましたが
今は大きくなるように頑張っているので、土植えにしました。

wankoさん、こんばんは。

我が家では両親が畑を借りて、いろいろつくっています。
今の時期はイチゴが食べ飽きるほどできるのですが、
冬が寒かったせいか、今年は不作でした。

もう少ししたら、ソラマメが大きくなってきます。
油断するとカラスにもっていかれますが(^∀^)

>きょろぴさん
ありがとうございます。
わあ、ソラマメもいいですね。
うちはビルの谷間なので、カラスはこないだろうと思っていたんですが
先日窓の外にいました。
というか、カラスは困ったヤツですが、いろんな鳥達が遊びにきています。

今、思うこと
自然をたいせつに自然に逆らわず生きていければ
きっといいことある。だから、こんなことしています。
本当なら、すべての日本人が去年思ったことのはずなのに
まだ気づいていない人がたくさんいることが残念です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第二回バカボンサミット@大阪 番外編 | トップページ | てるまえろまえ »